樽本音頭
 樽本音頭は、今も、樽本集落のいろいろな催しの際に、声を合わせて楽しく歌われています。
宴会のようす(樽本音頭、壁張り) 宴会のようす
 樽本音頭の歌詞
樽本音頭の歌詞
 
 樽本音頭の音源
再生ボタンをクリックすると樽本音頭を聞くことができます。
小出トシノ氏による「樽本音頭」  
  「樽本音頭」メロディ  
  「樽本音頭」カラオケバージョン  
      ▲ このページのトップへ
 
 樽本音頭の楽譜
樽本音頭の楽譜
 ▲ このページのトップへ
 
ご協力いただいた方
木賀長治氏 (談)
昭和23(1948)年12月、故郷の上樽に戦地から復員して、村の若い人の集いに役立つことをしたいと考えて作詞した。

原曲は兵役中の海外駐屯地で作ったもので、大隊慰労演芸の大会に出演して、高く評価された「故郷を想う音頭」であった。
演劇に熱心な戦友と共に、遠い故郷への思いを込めた共作で、その思いを重ね合わせて「樽本音頭」を作詞編曲した。


(大正11(1922)年7月14日生まれ。上樽本出身。妙高市関山在住 )
 取材の風景
平成18(2006)年10月20日撮影。
 
小出トシノ氏 (歌)
トシノ氏(旧姓:木賀)は、樽本音頭を作詞編曲した「木賀長治氏」の実の妹で82歳。
昭和2(1927)年5月13日生まれ。上樽本出身。妙高市関山在住。

録音は2ヶ月前の9月中旬を予定していましたが、思いがけない大病をわずらい入院したため退院を待って療養中のこの日の録音になりました。

昔、お盆や秋祭りの宴会で楽しく歌い踊られたことを想い出しながら、
トシノ氏は病み上がりの身をおして樽本音頭を歌ってくださいました。
 歌の録音風景
 平成21(2009)年11月1日録音。
 
 ▲ このページのトップへ